いわき子育て体験記

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災から1年 東電からの賠償金請求案内

<<   作成日時 : 2012/03/13 19:25  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から一年が経ちました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災されたすべての方々が一日も早く平静な生活を取り戻されることを願っております。


想い起せば、3月11日以降も過酷な状況でした。
いわきに残った人も避難した人も、福島ゆえの苦難があったと思います。
小さな子どもの安心安全ってどのようなことだろうと考えた1年でした。


さて、東京電力から「自主的避難等に係る賠償金ご請求のご案内」が届きました。
18歳以下(H4.3.12生まれ〜H23.12.31生まれ)と妊婦(H23.3.11〜H23.12.31の期間妊娠していた方)は1人あたり40万、それ以外は8万が支払われるとのこと。
(※その他、避難に伴う追加支払いもあり)


そして、子どもが3ヶ月間携帯したバッチ(外部被ばく線量計)の積算線量の結果も届きました。
測定結果は0.10mSv(ミリシーベルト)つまり、100μSv(マイクロシーベルト)
年間推測積算量は、0.1×4=0.4mSv(400μSv)
11月より現在は空間線量が低くなっているので、推測値より少ないかもしれません。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
うちの子たちは、0.05mSv(長男)と0.08mSv(次男
)でした。
定期的に郡山や福島に行く次男のほうが、若干高かったのもも、いわきの南だから少ないのかしら・・・

まーく
2012/03/16 19:41
お久しぶりです!
我が家も下の子は0.08mSvで、兄弟でも若干の違いが。
測定結果一覧を見るとほぼ平均値でした。
線量計の業者さん曰く、微量の計測は難しく誤差もあると聞いていたので、兄弟間の違いはあまり気にしないようにしています。
またお会いしたいですね。大きくなったんでしょうね。
みそら
2012/03/27 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
震災から1年 東電からの賠償金請求案内 いわき子育て体験記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる